FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

武勇伝

2012/08/20
武勇伝と言えるか、注射嫌いの愛犬ジュンの過去の経験・・・。

我が家に来て、生後半年ぐらいの時に、去勢手術を受けさせ

(飼い主の勝手な都合で・・・)ゴメンナサイ

受けた獣医は、見た目にも初老の診療所もみすぼらしい川辺の

掘っ建て小屋、愛車は黒のベンツ何か違和感を、感じながらも

調べても此処しか、無かったんですよ近くには(今は○○動物病院

が有り其方のお世話になっています)    

抜糸の為付き添いましたが、目が善く見えないのかハサミであちこち

切り刻み、折角塞がった切り傷から、血が滲み(・・・切り開いて

しまったんです・・・可哀想に・・・)獣医の言うには舐めて

居ればその内治りますよ。(初めて飼い犬・・経験でした)

聞くと糸は自然に溶けるタイプでは無く麻酔も無しの処置でした。

私が驚いたと言うか、感心したのは声一つ発しなく我慢して居た事です。

それから何時まで、たっても傷口から滲み出る汁が治まらいので、遠くの

獣医さんに・・・・傷口から毛玉と縫合の糸が残って居たとの事でした。

これからジュンの体験など、織り交ぜて行ければと思います。  



スポンサーサイト
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

締切間近!自殺総合対策大綱見直し素案

2012/08/15
精神科医は医者じゃないです[白衣を着た売人です] より
http://blogs.yahoo.co.jp/satoshi_3210


タイトル通り、自殺総合対策大綱見直し素案というものがこっそりと実行されようとしております。それに対してパブリックコメントが募集されていますが、その期間がひどく短くて
8月10日~8月17日
となっています。

あと、わずか数日ですが、大勢の方に声を上げて欲しいのです。
この分野について、ご意見お持ちの方は声をあげてください。


この内容について、詳細を知りたい方は、次のブログをご参考にしてください。

・自殺総合対策大綱見直し素案は最悪、最狂 - 心の病に専門家はいない - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/shu_gyou_chu/6580922.html

・自殺総合対策大綱見直し素案に対しての緊急のお願い|八咫烏(やたがらす)
http://ameblo.jp/sting-n/entry-11325493166.html#main
> 精神医療被害者、政治家、マスコミの皆さまへ
> 自殺総合対策大綱見直し素案に対しての緊急のお願い

・緊急・自殺対策への意見募集 - 夫婦で断薬ハッピーライフ♪ - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/baziboru/9447676.html
> 内閣府自殺対策推進室が「自殺総合対策大綱」の見直し素案に対する意見を募集しています。

・こころのホタルの心の日記 「介入」だらけ
http://kokoronohotaru.blog87.fc2.com/blog-entry-398.html
> 薬の本質を知り、精神医学のなんたるかを知らなければ
> 善意は取り返しのつかない過ちになる。
> さんざん痛い目に合ってやっと理解できた紛れもない現実です。
> その事実を訴え続けます。



さて、パブリックコメントとして出す場合、どのあたりをつっこめばよいのでしょうか。

自殺対策大綱について詳細まで読める人は読んでください。でも、なかなかお忙しい中なので、全部読むのは大変でしょう。読まなきゃパブリックコメントかけないとしたら、意見が少なくなってしまいますので、それはいけない。

ということで、大事なポイントをお伝えします。


・様々な団体(精神医療被害者連絡会、自死遺族連絡会、人権擁護の会等)が警告している通り、精神科受診につながる事によって自殺が増加しているのではないかという事についての調査が全く行われていない。

・そのような調査もなしにこの自殺対策大綱の見直しによって精神科受診を推進することによって、自殺者が増える危険があるのになぜこのような見直しをするのか。


この点について異常性が際だっているので、ここをつっこんで指摘してあげるとよいと思います。

※不眠は鬱病 睡眠キャンペーンなどの精神科推進活動によって地域の自殺数は実際確実に増えているんだよね。誰の目にも明らかなくらいに。富士市でも静岡県でも。自殺者が増えようと何しようと睡眠薬や抗うつ病薬を売りさばきたいんですかね....ひどい話だ。


もちろん、他のつっこみどころも見つけてみるといいでしょうが、パブリックコメントを集計する際にこのような指摘が異様に多いということがわかれば、自殺対策に関わる大勢の善意ある人たちの目にとまることでしょう。

精神科医が邪悪な人間だとしても、自殺対策に関わる全員が邪悪な人間であるわけはありません。関係する善意の人たちに声を届ける必要があります。


ということで、リンク先はこちら。
「大綱の見直し素案」
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000091028

「パブリックコメント」
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/measure/taikou/iken_bosyu.html
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

数々の○○療法はいろいろありますが、

2012/08/05
うつ完治には、数々の○○療法はいろいろありますが、・・・

自分に合った方法、出来る事から始める事、先ずは行動が必要なんですよ。

歯磨き・入浴・散歩・ショピング・部屋の掃除何でも善いのです。

鬱克服(完治)されたブログなどを参考にされ、アドバイス受けられるのも

善いかとおもいます。

同じ悩みを持つ方々の情報交換が、何よりも一番の近道なのでは、ないでしょうか。

今からでも、訪れてみてはいかがですか。

薬は服用すると、飲むほどに酷くなる・・・身に覚えありませんか。

心は薬では治せません・・・・・・薬で治せたら、精神科医はいりません。

あなたの飲まれている、薬に付いてどれだけ知っていますか。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。