FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

未病を産業化し、市場開拓するという成長戦略

2013/09/15
本来、予防医学的アプローチは高騰する医療費を抑制する切り札になるはずでした。ところが、目的は簡単にすり替えられます。「病気になる前に病気にならない体作りをする」という発想は、「病気になる前に予兆を見つけ出し、早期に医療機関にかかる」ということになります。

「早期に治療をすることで重症化を防ぎ、結果として医療費を抑制することができる」という主張を、市民や行政、議員は簡単に受け入れてしまい、健康になって医療から遠ざかることよりも、わずかなことで医療に近付くということが価値のあるものだと考えてしまいがちです。

お金(強制的に徴収される保険料や税金)が使われるとしても、それが健康を作り出すものであれば納得できるでしょう。健康はお金では買えないと言われますが、本当に健康作りに投資されるならば非常に価値があるでしょう。しかし、逆にそれが病気を作ることに使われたらいかがでしょうか?

そこで、今日のニュースです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130912-00000519-san-soci

「未病産業」を提案 国家戦略特区で神奈川県など

産経新聞 9月12日(木)11時57分配信

安倍晋三政権が進める成長戦略の柱である「国家戦略特区」に、神奈川県と横浜、川崎両市は11日、健康・医療分野の産業創出を目指す「経済成長プラン」を提案した。従来の「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」で取り組んできた病気と闘う最先端医療の産業化に加え、医療機関を受診する手前の「未病」段階を対象とする市場の開拓を打ち出している。

「未病産業」として、機能性食品や運動による健康維持支援のほか、大腸がんなどの予兆をキャッチできる分析機器を備えたトイレ▽うつなどのリスクを自己申告ではなく音声分析で客観的に把握できる技術▽漢方薬の原料となる生薬の植物工場-といった事業をラインアップ。薬事法の規制緩和や健康・医療の個人情報を取り扱うルール整備などを求めている。

黒岩祐治知事は「超高齢化社会のニーズに応えるための産業化。『未病』の考え方を前面に出し、生活の現場に最先端のモニタリングシステムを入れて病気にならなくする」と述べた。

国家戦略特区は、従来の自治体が提案した地域を指定する総合特区と異なり、首相主導で規制緩和を推進する。採否は10月中旬に決定される。


もしもこの「国家戦略」が、「病気にならなくする」ものであれば、本当に国の成長を促す結果になるでしょう。しかし、「うつなどのリスクを自己申告ではなく音声分析で客観的に把握できる技術」というものが挙がっている時点で、これがどのような結果になるのかすぐに想像がつきます。

精神疾患以外のアプローチは効果があるかもしれません。しかし、精神疾患の「未病」の産業化などは、究極の「疾患喧伝」「病気作り」です。まさに、悩める健康人を病人にするためのものです。なぜならば、うつ病の予兆など正確に判定できるはずがないからです。

そもそも、うつ病という概念そのものがあいまいであり、精神科医が主張するような「脳の病気」であることなど誰も証明したことがなく、客観的な定義や診断手法が存在しません。ですから、うつなどのリスクを客観的に「正しく」把握できる技術など存在するはずがないのです。その検査手法が正しく対象者を拾い上げたり、あるいは誤って拾い上げたりする可能性を示す「感度」「特異度」を評価する以前の話です。

精神疾患の未病を産業化することにより、精神医療産業は成長するかもしれませんが、働ける能力のある納税者を病人にし、しばしば悪化させて傷病手当、自立支援医療費、医療扶助などを受給(利用)する立場にするのであれば、国家の成長など望めません。生存すら危うくなります。

ちなみに、これがお手本となる精神医療産業の世界戦略です。
http://www.shimotsuke.co.jp/prwire/2013/09/11/201309114520

◎精神保健サービスの意識、利用を高めるアイデア募集

AsiaNet 54204
共同JBN 1036 (2013.9.11)

【ニューヨーク2013年9月11日PRN=共同JBN】
*パートナーが低リソース環境のうつ病や不安に対するコミュニティー主体の包括的な精神保健サービスの要求と利用を促すアイデアを求めている。

Scientists Without Bordersはジョンソン・エンド・ジョンソンと協力して11日、発展途上国の患者の間のうつ病や不安障害に対する精神保健サービスの意識と利用を高めるアイデアを求めて、賞金1万ドルの画期的な公開チャレンジ計画を発表した。このチャレンジは31日間有効で、今年の10月10日の世界精神保健デーに締め切られる。

精神障害は世界の症例のほぼ3分の2を引き起こしている低中所得国(LMIC)で、深刻な公衆衛生上の結果をもたらしている。LMICやその他低リソース環境において、精神障害は多くの問題で悪化している。これらは意識や教育の欠如とともにコミュニティーと個人双方の悪い兆候などである。

さらに、精神保健ケアに対する世界的投資が極めて欠如している。精神障害は心疾患あるいはがんよりもはるかに重く非伝染性疾患の世界的負担の原因になっており(注1)、圧倒的多数の国が精神障害に保健予算の2%近くを割り当てている(注2)。精神保健障害の中でも、単極性うつ病(注3)は世界人口の推定5%、もしくは3億5000万人がかかっている最も一般的で体力を消耗する疾患の1つである。不安障害はすべての臨床的うつ病症例のほぼ半数で診断されている(注4)。

政府、ヘルスケア提唱者、政策決定者側のさまざまな努力にもかかわらず、患者やその家族の間に適切な精神保健サービスに対する意識と要求および提供されているそのようなサービスの利用が進んでいない状態が、国や地域レベルの双方で続いている。

従って、今回のチャレンジは特に、うつ病と不安障害にかかっている15-44歳の個人の間で、診断と治療に得られる証拠の基づくサービスの利用を大きく高める可能性を持つ大胆かつ斬新なアイデアを求める。アイデアは低リソース環境で実行に移すため、文化的に適しふさわしいものでなくてはならない。

Scientists Without Bordersプログラムアソシエートのシェネル・ボナビト氏は「われわれはジョンソン・エンド・ジョンソン、InnoCentiveと提携して、LMIC諸国のうつ病と不安障害の診断、治療に対する精神保健サービスへの意識と利用を高めるソリューションを求めて、公開の革新的モデル作りに応募してもらうため3者協力することに興奮している」と語った。

ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下企業Janssen Research & Development, LLC神経科学治療責任者であるフセイニ・マンジ医博は「精神疾患に苦しむ世界の発展途上地域の人々を支援する大きなニーズがある。われわれはさまざまな世界的問題を解決しようとする人々のこのような努力を支援して、人々を教育し、精神疾患に対するケアを求めることができ、効果的治療で希望を持ってもらえるよう支援する新しい方策を見いだすことを誇りに思う」と語った。このプロジェクトは、ジョンソン・エンド・ジョンソンの系列のヤンセンファーマ(Janssen Pharmaceutical Companies)が2011年に開始したHealthy Minds Initiativeに関連している。同イニシアチブは基礎的発見、臨床解釈、マルチセクター・コラボレーションを通じて脳障害との戦い前進を加速し、人々に脳障害について教育を支援し、それら障害に関係を持つ兆候を減らす努力をする。(以下略)


この戦略が理解できるでしょうか?

製薬会社資本で、精神科医らが発展途上国で精神医療産業を開拓するいうことです。日本で「うつは心の風邪」という戦略が見事にはまったように、発展途上国に切り込むアイディアを欲しているのです。

先進国では精神疾患という概念や向精神薬の虚構が暴かれ、もはや儲かる市場ではなくなってきました。日本も伸びが鈍ってきたので、次のターゲットは発展途上国です。

ちなみに、日本でもこのようなNPOがあります。
http://www.sumh.org/
あなたの飲まれている、薬に付いてどれだけ知っていますか。
今からでも、遅くありまれん直ぐ調べて見ては、リンク・友達繋がりからでも知り得ます。
なぜか製薬会社が多額の寄付をしています。たとえばファイザーは昨年30万円寄付してます。

精神医療産業のグローバリズムとは、無知につけこんだ市場開拓と言えるでしょう。市民がうるさく騒がない日本は、まだ利用価値のある市場です。しかもわざわざ政府がありがたい国家戦略を打ち出してくれたのですから。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

スティーブン・ソダーバーグ監督の新作「サイド・エフェクト」

2013/08/31
FacebookでCCHRから次のような情報がやってきました。

-----
市民の人権擁護の会 日本支部
香山リカ…まあ、精神科医としても3流ですが、毎日新聞のコラムの中で一生懸命向精神薬を擁護する姿が痛々しくさえ思えてきます。

*************
> 香山リカのココロの万華鏡:副作用の恐怖 毎日新聞 2013年08月13日 地方版
あなたの飲まれている、薬に付いてどれだけ知っていますか。
今からでも、遅くありまれん直ぐ調べて見ては、リンク・友達繋がりからでも知り得ます。
> 
>  精神科医には、いろいろな意味で恐ろしい映画を見た。「オーシャンズ」シリーズなど娯楽作も手がけるソダーバーグ監督の新作「サイド・エフェクト」だ。
> 
>  家族を愛する精神科医の前に、ちょっとミステリアスなうつ病の女性患者が現れる。精神科医は、ある新薬を優先的に使用する契約を製薬会社と交わしており、彼女にもその薬を処方する。たちまち彼女を悩ませていたうつ症状は改善するがある日、自宅から夫の刺殺体が発見される。
> 
>  警察は、彼女が新薬の副作用で夢遊病のような状態になって夫を殺害した、と断定。そんな恐ろしい薬を処方した精神科医の社会的信用は地に墜(お)ちる。家族にも見放された彼は「本当に自分が出した薬の副作用による殺人か?」と、独自の調査に乗り出す……。
> 
>  ここから物語は、社会派サスペンスの様相を呈し始める。その詳細は語らないが、平凡な精神科医の背後にうごめく巨大企業や学界の欲望の恐ろしさに気持ちが重くなった。一般の人たちは「うつ病の薬にはこんな副作用があるの?」と心配になるに違いない。診察室でも「この間先生に出してもらった薬。ネットで調べたら副作用がすごいみたいで飲むのが怖くなりました」という話を時々聞く。
> 
>  かつて、うつ病の薬の副作用といえば「口の渇き、ふらつき、だるさ」などだった。最近の薬にはそういった副作用はほとんどなくなったが、まれにイライラしたり衝動的に行動したくなったりすることがある。睡眠障害の薬で、この映画のように夢遊病が起きることも。いずれも頻度はとても低いのだが、いったん出現すると本人にとってもかなりショッキングな副作用だ。
> 
>  ほとんどの人は恐ろしい副作用なしに、その薬本来の効果で症状を抑えることができる。私たち精神科医は「ほとんど可能性のない副作用を恐れて、せっかくの薬を使わないのは損」と考え、服用を勧める。しかし、患者さんにしてみれば「たとえ1万分の1の確率でも、恐ろしい副作用が出るのは絶対にイヤ」と思うのも当然だ。
> 
*************
なんとかして抗うつ剤の副作用を矮小化しようと必死ですね…。

・「最近の薬にはそういった副作用はほとんどなくなったが」 … おいおい、最近の薬(SSRIやSNRI)の副作用発現率は60~90%ですよ! って、医薬品添付文書に書いてあります。

・いずれも頻度はとても低いのだが… 頻度が低いって? では何故睡眠薬の医薬品添付文書の警告に 『本剤の服用後に、もうろう状態、睡眠随伴症状(夢遊症状等)があらわれることがある。また、入眠までの、あるいは中途覚醒時の出来事を記憶していないことがあるので注意すること』と書いてあるのでしょう。 警告ですよ?警告!
-----


アメリカではCCHR本部はすさまじい量で情報発信しており、
精神薬の薬害に対する集団訴訟の嵐も吹き荒れているので、
スティーブンソダバーグ監督もリスペクトしてくれているのかもしれませんね。
精神科医の気持ちを重くしてくれるなんていうのは、なんとありがたい映画でしょうか!

映画『サイド・エフェクト』オフィシャルサイト
http://www.side-effects.jp/


さて、
フィクションの中に生きていて現実を生きていない人がいます。

一部では馬香山リカと呼び声の高い彼女ですが、まあ、別に彼女に限った事ではありません。

精神科医の事です。

現実を生きていれば、物事を観察することができます。

目の前で患者が薬物で悪くなっていて
患者の人生を少しずつ薬物によって破滅させている
それを引き起こしているのが精神科医である自分である。という罪を観察することができ、

観察すれば「悪かった。間違っていた」と思ってそんな事はやめます。

通常、人は、人を殺すという取り返しのつかない罪の重さに耐えられません。

しかも、それが、大量の人殺しだという事には、さらに耐えられません。


ですが、フィクションの中に生きていれば、それを耐える事ができます。



香山は万に一つの可能性と言っていますが、
それは彼女の妄想のようです。
現実は違います。

現在、向精神薬を毎日とり続ける人は、日本で350万人ほどいます。

この中で、どのくらいの人が年間死ぬでしょうか?向精神薬原因です。

病院では年間1万8000人死んでいます。精神病という死ぬはずのない病気によって死ぬ=向精神薬による死者数です。

参考:隔離・拘束14,575人/日、死亡1,500人/月 精神科病院の実態が明らかに - 精神科医の犯罪を問う - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/46434343.html

追加して、それとは別に
向精神薬による中毒死は年間2万人程度になります。(東京都の中毒者統計から人口比で全国展開)

さらに追加して、自殺者数の7割以上。近年では9割近い人が、自殺前に精神科を受診しています。
(自死遺族連絡会による統計調査 - 厚労省調査よりも大規模かつ第三者的な視点での統計)
これは、明確な[精神科の自殺抑制の効果のなさ]を示す以上に、向精神薬起因による自殺者が多数いると考える事ができます。

自殺者は年間約3万人ですが、少なく見積もっても7割弱の人(2万)は精神薬起因による自殺衝動を加速された結果の死だと考える事ができるでしょう。少なく見積もってだよ。

これをふまえると、
どうやら、精神薬によって年間6万人程度の人が「死」に至っているようです。


350万人中、6万人死ぬ。
年間だけで2%弱程度が死んでいるようです。

万に一つという可能性では決してありません。
精神薬を飲んでいると、50人に一人という程度で、死ぬんです。


そして、年間350万人いる人の中で、万に一つの可能性で薬物によって錯乱し、
家族や周り近所友人知人を動機もないのに殺してしまう人があらわれたとしましょう。

万に一つの可能性であっても、350人もそのような人が日本中で現れてしまう可能性もあります。
実際、時折、異常な事件を見ますよね。

完全に全てが薬物のせいだとは思いませんが、相当な割合で薬物のせいです。

----

みなさんは、
「おまえはバカだ!」とか、「おまえは守銭奴だ!」とか、「おまえはクズだ!」とか、
「おまえの言っている事はわけがわからない!」とか、「おまえは会社のお荷物だ!」とか、

そういうことを怒り心頭して冷静さを失ってわめいている人物を見たことがありませんか?
言っている事に全く根拠の無い批判をされる事が人生の中ではあったでしょう。

あれは、全て自分はそうだからおまえもそうだ。と考えている人の思考です。

つまり、そのような人はこう主張しているんです。
「私はバカだ!」とか、「私は守銭奴だ!」とか、「私はクズだ!」とか、
「私の言っている事はわけがわからない!」とか、「私は会社のお荷物だ!」とか、

そのように語っているのです。

人間は基本的に正しいものです。真実を見抜く目は持っています。
しかし、愚かな人物の愚かで正しくない頭の中では、真実をねじ曲げる事によって
他の人を傷つけるような思考が起こります。


さて、精神科医は患者さんに対して「あなたの考える事は全て妄想ですね。」等と言ったりします。
他にも、「あなたはまわりの人から差別されるんですよ。」とも言ったりします。

本当は誰の事を言っているのでしょう。

真実は、精神科医は自分自身の事をこのように思っているんです。
「私の考える事は全て妄想ですね。」
「私はまわりの人から差別されるんですよ。」
と、言うことです。


精神科医のように、妄想の中で生きてはいけません。
現実を見ましょう。

精神医療は、麻薬覚醒剤を合法的に売りさばくだけのビジネスです。
世界全体はそれにだまされました。

世界全体はだまされているかもしれませんが、あなたは気が付き初めているはずです。

あなたが気が付く事から、まずスタートです。
そこから世界全体が気が付く事が始まります。

社会の現実を見て、観察し、精神医療の現実を見ましょう。
社会に最も害悪をまき散らしている精神医療という存在に気が付き、それを倒しましょう。

あなたが気が付き始め、そして他の人のお手本となれば、他の人も気が付き始めます。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

抗精神病薬を1度に3種類以上出されている現実・・。

2013/08/21
今日のYahoo!のトップニュースにもなっていたのでご覧になった方も多いかと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130820-00000002-asahik-soci

詳しくは今日の朝日新聞朝刊に出ています。

それにしても驚いたのは、抗精神病薬を1度に3種類以上出されている患者が4割ということです。

多剤大量処方とは、科学的根拠なく、心身に多大な害を与える投薬です。その効果も安全性も確かめられていません。むしろ危険性は証明されています。特に1度に3剤以上というのは狂気の沙汰です。もちろん、その危険性について事前に知らされている患者など皆無でしょう。

向精神薬を他人の飲み物にこっそりと混入して飲ませたら傷害罪になります。たとえ医師免許を持っていたとしても、その投薬の正当性を証明することができず、むしろ害悪ばかりが明らかになっていたとしたら、しかもそれを説明も同意もなく平然と行っているのであれば、それを傷害と言わずに何と呼ぶのでしょうか?
あなたの飲まれている、薬に付いてどれだけ知っていますか。   
                

少なくとも、入院患者30万人×4割=12万人が、精神科医による傷害罪の被害に遭っているということです。

・抗精神病薬3剤以上同時処方
・抗うつ薬3剤以上同時処方
・睡眠薬/抗不安薬の大量処方
・睡眠薬/抗不安薬の長期処方
・18歳未満に対する抗うつ薬処方
・認知症に対する抗精神病薬処方
これらの投薬の有効性は確かめられていませんが、その有害性は認められています。これらの処方が「ごく一般的」になされているのが日本の精神医療の実態です。もちろん、患者に対する説明や同意などありません。この深刻さが理解できるでしょうか?

この新聞記事の最後の部分を引用します。
「今回の解析を担当した医療経済研究機構の奥村泰之研究員は『医療の質を上げるには、まずは見えにくい精神科診療の実態を明らかにしなければならない。国を挙げて、薬を減らす取り組みが必要だ』と話す。」

だんだんと真実に近づいてきました。医療そのものを向上させたいのであれば、精神医療の実態を明らかにし、その影響を排除することが必要不可欠であり、最初のステップでもあります。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

GFパネル発電こそ夢の・・

2013/07/20
安部総理は原発推進に、舵とり・・・・。

再生可能発電こそ、日本が世界に発信すべきでは・・・

GFパネルによる発電こそが、未来に・・太陽光だけで無く太陽熱・赤外線・排熱よる

発電でき24時間発電でき、なによりもコストが太陽光パネルの5分1で屋根だけでなく

外壁にも使用可能で、都市には持って来いの代物では・・・少しは涼しくなるのでは・・

これが商品化されると、電力会社の存続さえも危惧される事態に、成りかねない・・事

税金投入で日航の年金・・東電では何故公表されない・・真実は解りませんが、ある書き込み

では退職金・年金・社内預金金利・・信じられない数字が・・・・

あなたの飲まれている、薬に付いてどれだけ知っていますか。  
からでも、遅くありまれん直ぐ調べて見ては、リンク・友達繋がりからでも知り得ます
精神科医は今日もやりたい放題、気付いた方は一人でも、多く知らせて上げて下さい





人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

日本人なら爽やかな気持ちになれる・・・・。

2013/07/01
従軍慰安婦問題・・・・・フランス人が・・・

【韓国人vs中国人vsフランス人】 日本の歴史を激論!

動画投稿者:OmotenasiJapanさんのコメント
2013年3月、安倍首相のfacebook上で3カ国による歴史討論が勃発!
「韓国人と中国人の日本に対する妄言」をフランス人が完全論破♪
歴史に残る鮮やかな論点により、韓国人と中国人を撃退。
日本人なら爽やかな気持ちになれる、素晴らしいフランス人の論破です。
http://youtu.be/Od65udZKSRs

http://textream.yahoo.co.jp/message/200000211/0v0bix6afc0a9oa29t662bcbbaa4ac5bf5a?comment=8358

チョット気になる、こんな外国の方が居られるという勇気・・・・

日本人として、はずかしくも有り、国として今まで何をして居たのかと

恥ずべき政治家・官僚の事なかれ主義の(実は何もしない)結果・・・

あなたの飲まれている、薬に付いてどれだけ知っていますか。
今からでも、遅くありまれん直ぐ調べて見ては、リンク・友達繋がりからでも知り得ます。
精神科医は今日もやりたい放題、気付いた方は一人でも、多く知らせて上げて下さい。

          
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。